くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

【青の祓魔師 エクソシスト ネタバレ 考察 伏線回収】アーサーはアサイラム出身!? クロン強化人間実験記簿の考察

f:id:nonbiri-kumasan:20210702002831j:plain

 

【青の祓魔師 エクソシスト ネタバレ 考察 伏線回収】

 

アーサーはアサイラム出身!? クロン強化人間実験記簿の考察

 

十三號SECTIONクロン強化人間実験記簿を調べるライトニングが描かれています。

まずは、ここに書かれている文章を考察します。
 
第1文目「ドナーの憑依体遺伝子をベースに生殖細胞」
第2文目「肉体再生能力の高い悪魔が憑依した人間のドナーから」
第4文目「完全なコピーではない。生物学上はドナーの兄弟」
 
これらは青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第86話「結果枝」から、
以下のように解釈することが出来ます。
  
第1文目「ドナーの憑依体遺伝子をベースに生殖細胞」
 
第2文目「肉体再生能力の高い悪魔が憑依した人間のドナーから」
⇒エリクサーを創薬する的な話かと。
 
第4文目「完全なコピーではない。生物学上はドナーの兄弟」
⇒エリクサーに適合する可能性の高い八候王上位三位(ここではルシフェル)の憑依体の遺伝子配列を組み換えたクローンたちのことかと。
 
次に、進みます。
 
文章の下には実験体の名前、斜線マークと空白、Lu-??と書かれています。


このシーンだけでは、考察を続けることが出来ないので、

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第86話「結果枝」63ページで描かれている実験記簿を確認します。

 

キーワードは、

「日本名」「アザゼル群」「RESULT」

そしてすぐ後の64ページに描かれた

 

「実験の”成功”を意味する”黒塗りマーク”」
 
これで、考察が続けられることになりました。

まず「RESULT(結果)」の欄の考察をします。

結論を言いますと、

・成功を意味するものは「黒塗り」

・実験体の死亡を意味するものは「斜線」
です。

 

では「空白」が意味することは・・・。

個人的には「生存」を意味するものとして考えています。

 

次に、名前に焦点を当てます。

気になるのがアザゼル群の実験体が、

鷹郎(TARO)、鷲郎(JIRO)、猿郎(SABRO)という、

「郎」縛りの日本人名であるということです。


なぜ日本人の名前ばかりなのか。

それは、先ほどの文章が鍵になっています。

第4文目「完全なコピーではない。生物学上はドナーの兄弟」

つまり、アザゼル群のドナーの憑依体遺伝子は、

「日本人」であるということを意味しています。


もっと分かりやすく言うと、

当時アザゼルが憑依できた人間が日本人であったということ。

そのドナーの遺伝子を組み替えて異なるクローンを作り上げていた。

よって、遺伝子を組み替えても、

「アザゼル群のクローン全員が日本人であるということは変わらない」と、推測できます。

この仮説の証明は、

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第85話「異形葉」54ページに描かれているように、

 

ルシフェル群の実験体の名前すべてが、

「1つの国に見られる名前」

であることが分かればできることでしょう。

確認します。
 
ABEL アベル
ADAM アダム
ADOLPHUS アドルファス
AL アル
ALASTAIR アラステア
ALFONSE アルフォンス
ALGERNON アルジャーノン
ALLEN アレン
AMOS アモス
ANTHONY アンソニー
ARSTUR ???

 

調べたところ、最後の1人を抜いて、

全てイギリス人の男性名だそうです。

(参照元:http://www.geocities.jp/mt_erech_ave/english_boy.html

 

ここで気になるのが最後の人。

 

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第85話「異形葉」54ページで、

ライトニングも「011」の首輪をつけた実験体、

ARSTURを見て「ウソでしょ?」と呟いています。

(ナンバーから「ARSTUR」の顔写真であることが分かる。)

ARSTUR

個人的に、実はこれ、

「意図的に」文字ミスを加藤先生はしたんじゃないかなと考えています。

加藤先生が書こうとした名前、それは。
 
「ARTHUR」
  
そう、イギリス人の男性名「アーサー」

勘の良い人はもうお気づきかもしれません。

結論から述べますと、

 

このアーサーという名の実験体は、

「現聖騎士 アーサー・A・エンジェル」と同一人物であると考えています。

考察の支えになるポイントとしては、

・11巻の巻末の質問コーナーでアーサーがイギリス人であると判明していること。

・その実験体の子の顔がアーサーに非常に似ていること

・RESULT(結果)の欄が空白、つまり生存を意味している可能性があること。

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第84話「根幹」34ページの、

ライトニングの発言「アーサーもアサイラム出身」

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第87話「胚子」107ページの、

アーサーに対するライトニングの発言「やはり何も覚えてないのか」

先ほども言ったように、

加藤先生は「意図的に」文字をミスして、

アーサーの名前を隠したのだと僕は考えています。
 
次に気になることは、

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第86話「結果枝」64ページで同じように、

ライトニングがパニックになったシーンです。

 

「郎」が書かれた記簿を見てパニックになったライトニング。

 

アザゼル群のNo.4の実験体、それは、「藤本獅郎」

 

名前の欄をよく見ると、文字の下部は切れていますが「SHIRO」と読めます。

藤本獅郎もアーサー同様にアサイラム出身です。

そして、RESULT(結果)の欄を見てみると・・・

 
「空白」
  
つまり、生存を意味している可能性があること。

 

ちなみに、

青の祓魔師 エクソシスト 19巻 第88話「ハッピー(メリクリ)バースデー!イヴ」151ページで、

この真相は明らかになっています。
 

以上で今回の記事はおしまいです。

お読み頂きありがとうございました。

お気軽にコメントを下さい。

それではまた。