くまさんのプチハウス

実は普段インテリアコーディネーターしてます...。

スポンサードリンク

【青の祓魔師 エクソシスト ネタバレ 考察 伏線回収】霧隠シュラの様々な考察

スポンサードリンク

f:id:nonbiri-kumasan:20210702002831j:plain

 

【青の祓魔師 エクソシスト ネタバレ 考察 伏線回収】

 

霧隠シュラの様々な考察

 

今回の記事では霧隠シュラについて、

考察と伏線回収をしていきたいと思います。

 
青の祓魔師 エクソシスト 16巻 第71話「惚れたが因果」128ページのシュラとライトニングのやりとり

このシーンでシュラはライトニングに対して、

騎士團に未登録の不死・再生能力の高い悪魔を知ってるかどうかを尋ねられた時に、

知らないと返していましたが、

その直前のシュラの思案顔の表情に違和感を覚えるシーンであったと思います。

 

このシーンで、おそらくシュラは、

後に登場することになる「龍神 八郎太郎 大神」を、

思い出していたのではないかと推察できます。

 

青の祓魔師 エクソシスト 17巻 第76話「さよならあなた」66ページで、

シュラは八郎が封印前ほどではないが、

強力な神通力と不死に近い肉体再生能力を持っていると、

燐と雪男に対して打ち明けているからです。

 

〇シュラの先祖「霧隠辰子」

青の祓魔師 エクソシスト 17巻 第76話「さよならあなた」68ページでは、

元伊賀忍者であるシュラの先祖「霧隠辰子」が初登場しています。

このことに関連するシーンを幾つか整理をして繋げてみようと思います。

 

まず1つ目は、青の祓魔師 エクソシスト 9巻 第34話「事の結び」57ページのシュラに対するメフィストの発言です。

 

「ジャパニーズニンジャ」

「霧隠流くノ一の末裔」

 

というキーワードが伏線として張られていることが分かります。

 

次に気になることは、ここまで知るメフィストがはたして、

シュラの秘密(八郎との契約)についても知っているかどうかということです。

 

青の祓魔師 エクソシスト 16巻 第73話「戀い初める」200ページで、

メフィストは行方不明になっているシュラの居場所について、

 

「心当たりがある」

 

と話し、燐と雪男に対して青森に向かうよう告げています。

この「心当たり」は、八郎とシュラの関係をメフィストが知っているということを、

暗に示していたシーンであったのではないでしょうか。

 

次に、青の祓魔師 エクソシスト 9巻 第34話「事の結び」59ページのシュラに対するメフィストの発言です。

メフィストはシュラの年齢を聞き、

 

「命は大事になさってください」

 

と発言しています。

この発言は「余計なことをしたら、ただじゃおかないぞ」という意味ではなく、

もしかすると、八郎との契約によって定められた、

「シュラの寿命30歳」を匂わせる発言だったのではないでしょうか。

 

〇魔剣の共通点

青の祓魔師 エクソシスト 17巻 第76話「さよならあなた」72ページでは、

八郎が辰子に魔剣を渡すシーンを描かれています。

 

「美しい髪や爪を喰わせれば色をつけてやる」

 

髪や爪を牙(魔剣)に与えれば、

強い力を得られるということを意味する発言です。

 

このことに関連するシーンが、

青の祓魔師 エクソシスト 10巻 第38話「エクソシスト 」25ページで描かれています。

現聖騎士のエンジェルが魔剣カリバーンに自身の髪の毛を与える事で、

強い力を引き出し、エンジェルスラッシュを放っています。

 

おお。

もしかすると、強い力を引き出す際に「髪を与える」という行為は、

全ての魔剣に共通した条件なのかもしれませんね。

青の祓魔師 エクソシスト 4巻 第14話「賭」114ページのメフィストの発言によって、シュラの剣は魔剣であることが分かっています。)

 

〇シュラの生き方

青の祓魔師 エクソシスト 17巻 第76話「さよならあなた」77ページでシュラは、

 

「長生き出来ないってわかってたから 大事なものも未練が残るようなものもつくらないように生きてきたんだ」

 

と、俯きながら話をしていました。

このことに関連する伏線を回収したいと思います。

 

青の祓魔師 エクソシスト 9巻 第34話「事の結び」58ページでシュラに対してメフィストは、

 

「貴女は何事にも執着しない人だと思ってました」

 

と話していますが、これは、「大事なものをつくらないように生きる」というシュラの生き方について触れる伏線だったようです。

 

お次は、青の祓魔師 エクソシスト 4巻 第15話「どいつもこいつも」169ページのシーンです。

実力があるのに真面目にしないシュラのことを、

 

「嫌い」

 

と口にする雪男に対して言った藤本獅郎の言葉です。

 

「ヘラヘラしてるようで 意外と色々考えてるのかもしんねーぞ?」

 

30歳という若い歳でこの世を去らないといけないシュラ。

獅郎の言う通り、ちゃんと色々考えていたのですね。

 

〇シュラが獅郎にベタ惚れ

青の祓魔師 エクソシスト 17巻 第76話「さよならあなた」89ページでは、

シュラが獅郎にベタ惚れをするシーンが描かれています。

 

そういえば、

青の祓魔師 エクソシスト 3巻 おまけページで、

シュラの自己紹介の好きな異性のタイプの欄に、

「強くて冷徹な男」と書かれていました。

 

そして、青の祓魔師 エクソシスト 3巻 第10話「証明」117ページで、

獅郎のことをシュラは、

 

「強くて冷徹で完璧」

 

と形容しています。

ちゃんと伏線張られていたようですね。

 

〇シュラの本当の年齢

青の祓魔師 エクソシスト 3巻 第11話「愉しいキャンプ」171ページでは、

雪男がシュラの年齢について、

 

「にじゅうろ・・・」

 

と言いかけてシバかれているシーンがあります。

ここでシュラの年齢が「26歳」であることが判明します。

ちなみに9巻のカバー下の表紙の4コマでも

シュラの年齢が26歳であることが書かれています。

 

〇肖像画にシュラは何を見たのか?

青の祓魔師 エクソシスト 11巻 第42話「ざわめく世界」11ページで、

雪男とシュラは、「見る人間の心の闇をうつす肖像画」を見ていました。

雪男にどう見えるか尋ねられていた際にシュラは、

 

「教えにゃーい♪」

 

と言って答えませんでした。

あのときシュラには肖像画はどのように見えていたのでしょうか。。

 

〇暑がりのシュラ

青の祓魔師 エクソシスト 5巻 第16話「事の始まり」14ページで、

夏だからでしょうか、シュラだけめちゃくちゃ暑がっていましたよね。

一番薄着なのに。。。

 

周りが暑いと言っていないので、

このことからシュラは他の人よりも暑がりであることが分かります。


よくよく考えてみると、このシュラの暑がりというキャラ設定はもしかすると、

「寒い地域(青森)出身」ということを意味する伏線だったのかもしれません。

ちなみに北海道出身の僕の友達もめちゃくちゃ暑がりです。


〇「シュラと蛇」の繋がりを表す伏線

青の祓魔師 エクソシスト 4巻 第13話「やさしい事」57ページで、

シュラが蛇を口笛で呼び、絶対障壁を発動するシーンが描かれています。

 

青の祓魔師 エクソシスト 5巻 第17話「京都へGo!」60ページで、

シュラが使い魔の蛇によって道案内されるシーンが描かれています。

 

 

以上で今回の記事はおしまいです。

お読み頂きありがとうございました。

お気軽にコメントを下さい。

それではまた。