くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

【スパイファミリー 最新話感想】第3話「MISSION:3」

f:id:nonbiri-kumasan:20210702002831j:plain

SPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレ 最新話 感想
著:遠藤 達哉
第3話「MISSION:3」
 
ヨルが黄昏とアーニャの家へ引越しをしてくるシーンから物語は始まります。
 
個人的には、引越しのダンボールの文字が気になっちゃいました。
 
P3でアーニャが持っているダンボールには「komono(小物)」
ヨルが持っている方には「BEDROOM(寝室)4」と書かれていました。
 
ヨルが持っていた方は最初読めなかったんですけど、
P5で黄昏が持っていた方にBEDROOM1と2が書かれていたので分かりました。
 
黄昏は知り合いの判事のコネで、
入籍した日を1年前にしたと話していましたが、
カッコ内で本当は偽造と明かされているので、
おそらくフランキーのおかげかと。笑
 
ヨルの弟へどう説明するのか楽しみですね。
 
それに、アーニャが2人の心の声を聞いてるっていうのが、
この漫画の結構面白いところだよね。
 
三者面談の練習をする黄昏とヨルとアーニャ。
案の定グダグダでした。笑
入学を諦めようと言う黄昏に対してヨルは、
亡き母君のご遺志を思い出してくださいと言っています。
 
これは第2話で(第1巻P99)黄昏がした発言、
 
「先の見えないこの時代 娘にはどうしてもいい学校に入ってもらいたくて」
 
のことを指したものです。
その時にヨルは「なんていい人」って感心していました。
 
模擬面接の練習を終えた3人は街にお出かけをしに行くことに。
ここで気がつくのはアーニャの服装です。
初めての衣装チェンジでした。
この可愛い服はおそらく、第2話でアーニャが採寸をしてもらっていたお店のものかと思われます。
お出かけでは、様々な一流のものに3人は触れていました。
でも理解しているのは、どうやら黄昏だけの様子。笑
 
アーニャは寝てるし、ヨルは分からなさすぎて頭から煙を出していました。笑
あ、でもヨルはギロチンの絵画にうっとりと心を奪われていました。
生粋の殺し屋って感じです。
 
街頭演説のシーンでは、
さらりと西国と東国の関係の溝の深さが描かれていました。
市民には強い憎しみの感情があるようです。
 
アーニャが心の声を聞いていましたが、
その中には「あいつらに家族を殺」という言葉もありました。
両国の歴史に興味が出てきました。
後々、描かれることになるのでしょうね。
 
食事シーンでは心の中で挫きかけている黄昏に、
アーニャは「どんまいちち」と声をかけていました。
黄昏は心の声を聞かれているなんて全く思ってもいないみたいです。
いつその能力を知ることになるのかな。
 
「やはり人選をミスったか・・・?」という黄昏の心の声に、
ガーンと反応するアーニャが小さく描かれています。
 
高台にある公園から街を眺めるシーンでアーニャは、
「ひとがごみのようだ」とつぶやいていましたが、
きっとアニメ「SPYWARS」で覚えた言葉だろうね。笑
 
黄昏は街を眺めるシーンで、
楽しく会話をする子供の集団を見て、目を細めていました。
 
第1話(1巻P54)で黄昏は、
子どもが泣かない世界を作りたくてスパイになったと明かしています。
決して嬉しそうな表情ではなかったので、
過去の泣いてばかりいた幼き頃の自分を思い出していたりしたのかな。
 
そんな中、突然のひったくり事件発生。
 
正義感の強いヨルは跳んで追いかけて行きます。
でも見失っちゃうという。
 
一方、黄昏とアーニャは別ルートで探しに行くことに。
 
犯人が人混みに紛れて分からなくなってしまいましたが、
ここぞとばかりにアーニャの超能力が発揮。
 
たくさんの人の心の声を聞いて鼻血を出していたアーニャが小さく描かれていました。
意識的に聞かないようにする方法はないのかな。
そうじゃないと、もっと人がいる所に放り込まれたら大変なことになりそう。
 
街の人の心の声が描かれたシーンがありましたが、
この中の声と一致しそうな人もいました。
 
右から2番目の女性は頬を赤らめているので
「あの店員さんかっこいー♡」
 
その隣の目つきの悪い男性は
「100万ダルク落ちてねーかなー」
 
その隣の下を見ている女性は
「この子はほんとにもう・・・!!」
 
的な感じですかね。
 
アーニャのアシストのおかげで、
ひったくり犯を見つけた黄昏。
黄昏は、歩き方から犯人を割り出していました。
 
犯人の歩き方を確認してみると、
足を直角に折り曲げています。
 
先ほどのひったくりシーンを振り返ってみると、
確かにお婆さんの背後に近づく犯人の足は同じように曲がっています。
 
あと、犯人は実は1巻P146-147にも小さく描かれています。
見つけてみてくださいね。
 
お金を取り戻した黄昏はお婆さんから感謝の言葉を貰い、
ある言葉を思い出しています。
この言葉は、1巻第1話P15で書かれていた暗号文の中の一文です。
 
地味に腕を何度もブンブンしてるお婆さんも面白かったなぁ。
 
黄昏はアーニャに対して、
アーニャの胃袋のおかげで犯人を見つけたと話していましたが、
これはケーキ屋の前を歩く犯人に黄昏の注意を持っていくために、
アーニャが「けーきたべたい!」と嘘をついたシーンのことを指しています。
 
再びの模擬面接練習。
アーニャの回答
「うえからとびのってやっつけてくさいめしくわせます」の、
「くさいめし」は、犯人を捕まえた時の黄昏のセリフです。
 
 
以上で今回のSPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレ 最新話 第3話感想 考察 伏線回収記事は終わりです。
 
お読み頂きありがとうございました。
お気軽にコメントくださいね。
それではまた。