くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

【スパイファミリー 最新話感想】第18話「MISSION:18」

f:id:nonbiri-kumasan:20210702002831j:plain

SPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレ 最新話 感想

著:遠藤 達哉

 

第18話「MISSION:18」
 
それではまとめていきます。
 
西国のブランツ外相一団がバーリント空港に到着。
今夜から始まる閣僚級会議で東西首脳会談に向けた調整をするとか。
 
第12話の冒頭でも少しだけ描かれていましたね。
 
でも何か起きそうだよね。
デズモンドの周りの企業でも怪しいお金の動きがあるみたいだし。。
 
犬をゲージに入れ、準備OKと言う男が描かれていました。
この人が前回も触れられていた「革命家気取りの連中」の中の1人なのでしょうか。
 
黄昏一家はペットショップに向かうことに。
 
何気に小さく看板に
「ONEONE St.」「ワンワン通り」って書かれていましたね、
 
ペットショップに着くと想像以上に厳つい犬たちが待ち受けていました。笑
 
アーニャの顔に爆笑です。笑
 
アーニャは動物の声も聴けるみたいです。
そういえば第4話でも牛の気持ちが分かったり、話しかけたりしていましたよね。
 
管理官から緊急に呼び出される黄昏さん。
 
ブランツ外相の暗殺計画がされているとのこと。
犯人グループと目されるのはバーリント大に通う排外主義の学生複数名。
 
「革命家気取りのチンケな連中」はきっと彼らのことでしょうね。
 
犯人の1人は黄昏の扮装に騙されて、
洗いざらい計画を話してしまっていました。
 
リーダーの名前は「キース」だそうです。
他にも工学部のケビンとキム。
 
暗殺の手段は十数頭の犬に爆弾をくくりつける「爆弾犬」
 
とんでもないですね。最低です。
 
軍用犬なので、普通の犬とは違い訓練されています。
前回にもまとめましたが、
 
・爆弾犬にでもするつもり?
・人間のオモチャになるために散々いじくりまわされた
・「こいつらとても賢い犬には見えんよなぁ」発言
 
の意味が繋がりましたね。
 
彼らの背後にはどんな集団が隠れているのでしょうか。
黄昏は、「極右連中」「第三国のシンパ」と推測していました。
 
前回のモフモフ未来予知犬登場。
 
やっぱり未来予知ができるみたいですね。
 
アーニャは犬の譲渡会の会場で未来予知犬と遭遇した時に、
黄昏一家の映像を読み取っています。
何気にこれすごいよね。
今までは言葉だけだったのに、映像も読み取れるようになってるじゃん。。
 
未来予知犬を追いかけて敵のアジトに入ってしまうアーニャ。
捕まっちゃいました。。
でもきっと未来予知犬が助けてくれるはず!!!
 
以上で今回のSPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレ 最新話 第18話感想 考察 伏線回収記事は終わりです。

 

お読み頂きありがとうございました。
お気軽にコメントくださいね。

それではまた。