くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

【スパイファミリー 最新話感想】第20話「MISSION:20」

f:id:nonbiri-kumasan:20210702002831j:plain

SPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレ 最新話 感想

著:遠藤 達哉

 

第20話「MISSION:20」

 

それではまとめていきます。
 
テロの計画犯リーダー、キースと相対するヨルさん。
そして爆弾犬よりも怖い顔をするヨルさん。笑
まぁなんとか無事でよかったです。
犯人は逃走して一安心。
 
ですが、ベンチで座っているアーニャは、
隣で未来を見ているモフモフ犬の心を読み、
黄昏が瓦礫に埋もれて死んでいる未来を知ります。
 
時計塔の時刻は17時を指していましたね。
ゴーンと鐘が鳴る中、大きな爆発が起こる。
この未来を変えないと戦争が。。
 
アーニャは黄昏を助けにモフモフ犬とヨルの元から脱走することに。
ヨルに去り際に残した台詞は、
 
「ちち といれいくのにかみもってなかった!」
 
いやいや笑笑
 
一方で管理官チームも、テロ集団の一味の確保に成功していました。
管理官とテロリストの会話は冷たくてリアルでしたね。
戦争の悲惨さを深く知る管理官の台詞は重く、
物語にシリアスな空気が流れていました。
 
テロリスト集団のリーダーであるキースは、
1人で計画を実行することに。
 
ターゲットは時計塔広場周辺。
あれ・・・。
モフモフ犬の予知にも、
時計塔の近くで起こる爆発が描かれていました。
 
そして黄昏も時計塔に近づいていました。
 
こりゃ大変だ。
 
最後のシーンでは時刻の16時半を指す時計塔が小さく描かれていました。
 
どうなるのか。。
 
以上で今回のSPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレまとめ 最新話 第20話感想 考察 伏線回収記事は終わりです。

 

お読み頂きありがとうございました。
お気軽にコメントくださいね。

それではまた。