くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

【スパイファミリー 最新話感想】第21話「MISSION:21」

f:id:nonbiri-kumasan:20210702002831j:plain

SPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレ 最新話 感想

著:遠藤 達哉

 

第21話「MISSION:21」

 

それではまとめていきます。
 
時計塔に辿り着いたアーニャとモフモフ犬。
モフモフ犬が疲れてハフハフ言ってたのが可愛かった。。笑
爆発の時の時計塔の針を思い出していたアーニャさん。
 
意外と頭良い!笑
 
ベンチに座るおじいさん曰く、毎正時に鐘が鳴るとのこと。
タイムリミットは残り30分。
モフモフ犬はテロリストのキースの匂いに気がつき、
アーニャを建物の陰に追いやります。
 
なんとかバレずに済みましたね。
 
キースはどうやらアジトの入り口の扉付近に爆弾を設置したみたいです。
 
アーニャとモフモフ犬の爆弾解除計画スタート。
 
とは言っても解除方法を知らないアーニャは、
近くにあったケチャップで爆弾の存在を知らせるサインを扉に描くことにしていました。
 
このメッセージのおかげで黄昏は爆発に巻き込まれずに助かりました。
 
ナイスな活躍でしたね。
 
プランツ大臣のシーンではヨルの弟ユーリが描かれていました。
 
相変わらず目つきが悪い。笑
 
大臣の部屋に情報局の者が入ってきたところでシーンは切り替わります。
 
後になって分かりますが、この人物は黄昏だったようです。
 
大臣に変装してキースの目を欺く作戦らしい。
 
あと大臣の呼びかけで、管理官の名前が「シルヴィア」であることが明かされています。
 
確かにTHE シルヴィアって感じですよね。
 
そして爆弾犬の鼻を使って追いかけて来るキースは黄昏の変装に気がついていません。
 
でも追いかけている時に大臣の逃走のスピードに驚いていました。笑
 
確かに60歳の動きではないですね。笑
 
次回が楽しみです。
 
 
以上で今回のSPY×FAMILY(スパイファミリー) ネタバレまとめ 最新話 第21話感想 考察 伏線回収記事は終わりです。

 

お読み頂きありがとうございました。
お気軽にコメントくださいね。

それではまた。