くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

漫画『テガミバチ』アンバーグラウンド語の日本語変換表

スポンサードリンク

 
今回はアンバーグラウンド語(漫画『テガミバチ』の世界の中で使用されている言葉) を皆さんにも読めるようになってもらおうと思い、まとめてみました。
どこか間違ってたらスミマセン・・・(汗)
 
f:id:nonbiri-kumasan:20211003220547g:plain
汚い文字で申し訳ありません・・・
許して下さい・・・。笑
この写真の文字を日本語に対応させると、
 
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
や ゆ よ
らりるれろ
わ を ん
 - ・
 
となります。
『濁点とか小文字とかはどうなんだ!』と思った方、 お待ちください~。
具体例として 第1巻10P、第3話に出てくるのネロの手紙を、 実際に解読してみましょう。
 
ふむふむ。
 
「ユウサリ郵便館(ハチノス)の ジギー・ペッパーへ」 と書いてあるようですが・・・
 
さっきの文字の表を参考にして読むと、
 
「ゆうさりはちのすの しきー・へつはーへ」
 
ですね。
『あってないじゃないか!』と思った方、 まだ慌てないでください!(笑)
テガミの文字をよく見ると、 「し」「き」と「へ」と「は」の右下に、 「.」がついています。
どうやら、 「がぎぐげご」のように濁音を使う場合と、
「ぱぴぷぺぽ」のように半濁音を使う場合は右下に点をつけるみたいです。
つまり「じ」「ぎ」「ぺ」「ぱ」と読めます。
濁音と半濁音の区別はないみたいです。
 
そして次に「つ」を見ると分かるように、 小文字と大文字を区別する印も無いみたいです。
自分たちで適宜判断するしかないですね。
つまり小文字の「ッ」と読めます。
あとカタカナとひらがなの区別もなく、漢字もありませんね。
以上からテガミに書かれていたことは、
 
「ゆうさりはちのすの しきー・へつはーへ」
 
ではなく、
 
「ユウサリハチノスの ジギー・ペッパーへ」
 
ということです!
是非みなさんもアンバーグラウンドの言葉を覚えて、 書けるようになりましょうね。(^^♪
 
以上で今回の記事を終わります。
お読みいただきありがとうございました(^^)/