くまさんのプチハウス

お気軽にどうぞ!( ´∀`)

スポンサードリンク

漫画『この音とまれ!』ネタバレ 最新話 謎 考察 伏線回収まとめ:全国大会の日程について

スポンサードリンク

【この音とまれ!NEWS】

この音とまれ!最新25巻 発売中
 
この音とまれ! ~時瀬高校筝曲部~

ーーーーーーーーーーーーーー

漫画『この音とまれ!』ネタバレ 最新話 謎 考察 伏線回収まとめ:全国大会の日程について

 

第22話で愛と静音おばぁちゃんが、
会話をしているシーンを皆さんは覚えているでしょうか。
 
会話の内容は全国大会の日程についてでした。
 
そこで、伏線になりえる静音おばぁちゃんの発言と、
愛の表情があったので今回考察していきたいと思います。
 
まず、そのシーンをふり返ってみましょう
 
≪愛≫
「や・・・神奈川の予選が
12月ってのは聞いたけど
本選が今頃って・・・
予選から期間すげぇ空いてんな」
(6巻 第22話 P105参照)
 
≪静音おばぁちゃん≫
「ああ 何でだか知らないが
もうちょっと時期
考えてやって欲しいもんだよ・・・」
(6巻 第22話 P105参照)
 
この静音おばぁちゃんの発言に対する愛の表情
(6巻 第22話 P105参照)
 
この時、愛はそこまで深く全国大会の日程のことについて考えていなかったみたいですね・・・。
 
なので、整理したいと思います(笑)
 
まず、ここのシーンでの愛の発言
『本選が今頃』
だけでは具体的に全国大会である本選が、
いつ開かれるのかが分からないので、
別のシーンのセリフから本選のおおよその日付を導き出したいと思います。
 
まず第19話での愛の発言
 
「・・・衣咲は8月17日仕事あんの?」
(5巻 第19話 P149参照)
 
第24話で衣咲がちゃんと休みをとって、
愛の演奏を聴きに来ていることから、
8月17日が関東邦楽祭の日付であることが分かります。
 
そして、第22話での愛の発言
 
「あれ そーいやお前
全国出るっつってたよな 東京代表で
大会先週だったんだろ?勝ったのかよ」
(6巻 第22話 P118参照)
 
ここでの会話は関東邦楽祭当日のものです。
 
つまり、全国大会は8月10日か11日ぐらいに開催されたということです。
 
整理すると、
 
----------------------
全国大会に出るために
通過しないといけない
神奈川の予選は12月に始まる
 
本選である全国大会は
翌年の8月に開催される
-----------------------
 
2年の武蔵と来栖にとって12月に始まる神奈川予選が、
全国大会で演奏することが出来るラストチャンスだということですよね。
 
武蔵と来栖視点でみると分かりやすいかな。
 
-----------------
2年生で12月の神奈川予選に参加
 
(予選を通過すれば・・・)
 
⇒3年生で8月に全国大会
 
〇武蔵・来栖は全国大会行ける
 
(予選敗退なら・・・)
 
3年生で12月の神奈川予選に再び参加
 
もし予選を通過しても高校に4年生はないので
もう卒業してしまって本選には出場できない
 
武蔵・来栖は全国大会には行けない
-----------------
 
でも一つ疑問があります。
 
それは武蔵の先輩が3年生なのに全国大会を目指していたということです。
 
第2話で出てきた武蔵の先輩たちの発言をふり返ります。
 
「えぇー 全国!!?冗談でしょ!?うちらの実力分かってる!?」
 
「もちろん!でも目指すのは自由でしょ?
目標は大きく持った方がきっと上達も早いよ!」
(1巻 第2話 P108参照)
 
はじめて武蔵の先輩が全国大会に出るという目標を立てたシーンです。
 
このシーンからある疑問が出てきます。
 
まず、この先輩の会話を武蔵も聴いていることから、
 
〇武蔵は筝曲部に入り、尚且つ1年生
 
また、武蔵が2年生の時に先輩は卒業しているということから、
 
〇この会話が行われたとき先輩は3年生
 
つまり、先輩たちは3年生で全国大会出場を目標に掲げ、
3年生で12月の神奈川予選に参加したということです。
 
予選に出場できるのは分かります。
でも、本選には出れないはずです。
ではなぜ、3年生の先輩たちは全国を目指したのか・・・。
 
全国に行けないことを分かっていて、
それでも全国でも負けないような演奏力を身につけたい、
という気持ちで目指しただけなのか。
 
でも、第9話の滝浪先生の
発言がひっかかるんですよね・・・。
 
「お前らの演奏で全国行けるなんて
思ってたわけじゃないだろ?
本当に本気で全国目指してる奴の音じゃない
だから落ちた それだけのことだ」
(3巻 第9話 P95参照)
 
全国で演奏出来ないことがあらかじめ分かっている3年生に、
ましてや、偽らずに現実的なことばかり言う滝浪先生がこんなこと言いますかね。
 
この発言は演奏が良かったら全国行けてたってことですもんね?
 
ということは、何かしらの特別措置があり、
予選で演奏した3年生は高校を卒業しても、
本選に参加が出来るんですかね?
 
うーん・・・。
 
でも、通過したとしても、人数的に全国大会で演奏出来ないであろう筝曲部。
 
(新入生がゼロなら1年の武蔵1人しか残らない)
 
を予選通過させることは、大会運営者の立場で考えると不可能では?
 
全国で演奏出来ないのに予選通過させちゃうと敗退したチームは、
 
「演奏出来ないのになんで??全国に行く意味ないじゃん!!」
 
ってなりますもんね・・・。
 
以上で、漫画『この音とまれ!』ネタバレ 最新話 謎 考察 伏線回収まとめ:全国大会の日程についての記事を終わります。
 

お読みいただきありがとうございました。